【函館2日目】函館市内をゆるポタ!五稜郭や立待岬を観光しました。

スポンサーリンク

函館ポタリング2日目!
前日に引き続き、完全なるゆるポタで函館市内を散策します。この日は五稜郭立待岬などの有名所を回っていきますよ!

函館1日目の記事はこちら。

函館ポタリング!

立待岬へ

ノンビリと起きて、ハセガワストアの焼き鳥弁当を食べて9時過ぎに出発!
まずは函館の有名な岬、立待岬(たちまちみさき)を見に行くことにしました。

走るちんちん電車

おおっ!チンチン電車ではないか!

レトロで可愛い外観やただようノスタルジックさも良いですが、なにより名前がいい!(小学生並の感想)。自転車だけでなく、あれに乗る時間を考えても良かったなぁ、と思ったりもしました。

この日はなんだか風が異様に強く、自転車が全然進みません。普通にレンタカーしたくなる勢いでしたが、いや私はサイクリングしに来たんだぞと自らを鼓舞しながら進んでいきます。

坂から海が見える

寝起きの脚にはキツい急坂を超え、石川啄木一族の墓を通り過ぎると、目の前に海が広がりました。
が、凄まじいほどの突風が吹き付けてきました。海からの風を遮るものがなくなったからでしょう、細い私のクロモリフレームでさえ思いっきり横に煽られました。直進不可能。乗っているのは危ない!すぐに自転車を降りて押し歩きをしました。

立待岬の碑と自転車

立待岬の碑と自転車!

平然と写真を撮っているように見えると思いますが、すさまじい爆風です。ロードが一瞬で倒れてしまうので、柵とハンドルをヒモで繋いでいます。歩く時に突風が吹くと、強制的にステップさせられます。ペットボトルのお茶を飲もうと蓋を開けると、飲み口がホーッと音鳴るレベル。なんなんだここは。これが北海道の自然なのでしょうか。

断崖絶壁に寄せる波

断崖絶壁に迫る波しぶき。美しさはもちろんなのですが、それ以上に底の知れない海の中にさらわれてしまいそうな恐ろしさがあります。ここはレジャーで行くような海とは全く違いました。

山と海しかない場所

函館の果てのような場所なので、周りには民家はありません。この時私は、なぜかはわかりませんがポケモンを思い出していました。8個目のドラゴンタイプのジムがありそうだなと。クリア後に「りゅうせいぐん」を教えてくれる老人がいそうだなと。笑

海を見渡せる1つのベンチ

岬にはいい雰囲気のベンチがありました。ここで告白とかプロポーズが行われたこともあったのでは、と想像します。試しに座って自撮りしてみたのですが、ロマンチックのかけらもないボッチ写真ができあがりました。それはもう、アップするのをためらわれるほどに・・・。

八幡坂周辺へ

日中の八幡坂。坂の先に海と山がある

立待岬をあとにして、昨日に引き続き八幡坂を見にきました。夜も綺麗でしたが、昼は昼で遠くまで見通せて気持ちがいいです。これは昼と夜どちらも来るべきですね。

古そうな作りの甘味処

おや、美味しそうな甘味処が!

この菊泉さん、なんでも大正10年建築の建物を使った歴史ある和カフェ。大正10年は西暦で言ったら1921年。すごい、まもなく100周年じゃないですか。(撮影時:2020年)
そしてここはアニメのラブライブ!サンシャイン!!の聖地としても有名で、「ラブライバーです」と名乗り出ると、ここを実家としているキャラクターの部屋を見学させてもらえるのだとか。

ガラガラッ!

いらっしゃいませ~。お一人様ですか。

さぼ氏
さぼ氏

はい。そしてラブライバーです(キリッ)

なんということでしょう。実はこの男、函館をサイクリングしたいとか言っておきながら、本当は聖地巡礼に来ていたのです。函館ゆるポタと言っておけば、爽やかさが出ると思っていました。大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

キャラが住んでいる設定のお部屋を見せてもらったら、まさかの「この部屋でもお食事いただけますよ」というご提案が!ありがたくお言葉に甘えさせていただきました。

お茶とスイートポテト

甘味は抹茶とスイートポテトセットを頂きました。どちらも美味しかったですが、特にスイートポテトがうまい!北海道のお芋なのでしょうか、甘みがすごい。今まで食べた中で一番美味しいスイートポテトでした。

一息ついたあとは周辺を散策しました。この辺りは協会や洋風な建物が多く、異国情緒という言葉がぴったりでした。

自転車と教会

函館聖ヨハネ教会。

教会の塔と空
自転車と秋の草
砂が入った箱が道路にある

砂!?
ググってみると、雪や凍結でツルツルになった路面に撒いてグリップさせる用の砂らしいです。

ペリーの銅像

ペリーの銅像!
函館では至るところで銅像を見ることができました。

旅を続ける男の銅像。もこう先生に似ている
も、もこう先生・・・!?

五稜郭へ!

函館と言ったら五稜郭。

歴史的にも観光地的にも非常に重要なスポットのため、もちろん向かうことにしました。

土方歳三最期の地

五稜郭に向かう途中、土方歳三最期の地という場所がありました。
五稜郭で有名な人物は誰か?と問われたらまっさきに挙がるのが土方歳三。そうです、新選組副長のあの土方歳三です。新選組の内部分裂後、旧幕府軍として箱館戦争に臨み、そして散ったんですよね・・・。ここは五稜郭から出陣した土方が銃弾に倒れた場所とされています(お墓の撮影は自重)。

個人的な土方のイメージなんですが、この看板のような洋服に帯刀のイメージが強いです。新選組のあさぎ色の羽織より先にこちらが思い起こされます。この黒コートに日本刀という出で立ちがあまりにもハマりすぎていて、漫画やアニメ作品などではだいたいこの格好をしている気がしますね。

日向ぼっこしてお昼寝する猫

なぜかここには猫が多く、至るところでお昼寝をしていました。

五角形の展望台をもつ五稜郭タワー

そして五稜郭を見渡せる五稜郭タワーに到着。函館駅からここまでだいたい4〜5kmほど。ロードならあっというですね。

五芒星の形をした堀

これが、五稜郭。
見事な星型。要塞として設計されたとは思えないほどポップなビジュアルです。

土方歳三が座っている銅像

おっ!土方先生が!(逆光)

床が透けて遥か下に民家が見える

一部、スケルトン床がありました。
押すなよ!絶対に押すなよ!

透けた床につま先だけ乗っける

これで許してください(高所恐怖症)

カレーライス
五稜郭の石碑と自転車

五稜郭タワー内の、これまた函館の歴史あるレストラン・五島軒でカレーをいただいた後は、五稜郭を実際に走ってみました。
そう。五稜郭内は開放されており観光はもちろん、ランニングやサイクリングも可能となっているのでした。

五稜郭内は植木や道がきれい

五稜郭内は植木や景観が整えられていて美しいの一言。 走っていてとても気持ちがいいですね。一周するとStravaの走行記録が星型になるのも面白いです。

約束の地。セイコーマート

見たい場所は一通り見れた・・・、いや、まだアレを見ていません!
セイコーマートを!北海道を代表するコンビニを!

セイコーマートというコンビニ
さぼ氏
さぼ氏

これだ!!

おお、このオレンジの看板。謎のキャラクター。これぞまさしくセイコーマートだ!
店内はやはりオリジナルな商品が多く、見ているだけでも楽しいです。そしてカウンターフーズやお弁当が美味しそう・・・。

セイコマのカツとじ弁当

つい、カツとじを買ってしまいました。ちょっとこの日は食べ過ぎですね。走った距離20kmという超ショートライドに対して、摂取カロリーがやばすぎる。明らかに運動量と釣り合っていません。でも、お米が入っていないので許してください。

その後、駅前にて。

海鮮丼がならぶお店のディスプレイ

なんだ、これは!
この美味そうな海鮮丼は!
北海道の海の幸。ここに来て食べない選択肢はあるだろうか?

うにイクラサーモン海鮮丼
さぼ氏
さぼ氏

おいちい。

この後、人生最大の体重を記録。

まとめ

函館ポタリング2日目、完!

気がついたらほとんど走らず、食べてばかりのサイクリングになっていました。
この後はホテルでお風呂に入って、ラブライブ虹ヶ咲の4話を見てグースカ寝て、翌朝の便で地元に帰りました。
2泊3日合わせて走行距離40kmほどでしたが、ゆっくり観光できて非常に満足しました。こういうゆるポタ、本当に楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました