【挑戦】美術の成績1の私がロードバイクを描いたらどうなる?

スポンサーリンク

こんにちは、さぼ氏です。
美術の成績は1です。
中学時代に1をとって担任に呼び出されました。

今回、美術1の私が愛車のビアンキを描いたらどうなるか確かめてみたいと思います。ちなみに私のビアンキはこちら。

愛車のビアンキ

数え切れないくらい乗って、数え切れないくらい写真を撮っているので、もちろんビジュアルは頭に焼き付いています。ジオメトリもだいたい覚えているため、寸法も心配ありません。
なので、実物や写真を見ないで記憶を頼りに描いていきます。

みなさん、ゴッホの誕生を見逃さないでくださいね。

ロードバイクを描こう!

TAKE1

白い紙とペン

さあ、実際にやっていきます。
コピー用紙とペン。この2つから芸術が生まれるのです。
しかし、ロードバイクを描いたことがないので、どこから手を付けて良いのかわかりません。とりあえず、ホイールを基本に描いてみようと思います。

ホイール2つ描いた絵

いいぞ!いい調子です!
ちょっと歪んでいるので、修正して・・・。
次はフレームです。

何かがおかしいフレームの絵

すでにおかしい。
とりあえず続けます。

何かがおかしい自転車の絵

完成しました。ご査収ください。
どこを間違ってこんな事になったのかわかりませんが、とりあえず失敗したことはわかります。前輪と後輪をつなぐ謎のフレームについて言い訳をすると、ホイールベースを意識していたらこうなりました。
そしてどこからどう見てもミニベロです。

TAKE2

TAKE1の反省を踏まえ、リベンジしてみました。

ミニベロ化した自転車の絵

わりと良いのでは?(自分に甘い)
まだ多少ミニベロ感がありますが、TAKE1よりマシになったのでは?
少なくとも自転車に見えると思います。

その他に、反省点があるとすれば向きをまちがえました。
次はクランクを右側につけてみます。

TAKE3

TAKE2の反省点

  • ホイールが小さすぎる
  • クランクが左側についている

これらの反省点を踏まえ、TAKE3ではフレームから描く、右側から描く、ということを意識してみました。

フレームの絵
頑張って描いた自転車

これが、全力です。
どうです。けっこう良いでしょう?(震え声)
いや、これがフルパワーなんですよ。正真正銘の。これ以上の絵は逆立ちしても私からは出てきません。

せっかく上手にかけたので、人間も描いてみることにします。

自転車の絵に人をのせてみた

う〜ん、なんだこいつは。

TAKE4

筆が乗ってきたので真正面アングルも。

真正面からの絵
さぼ氏
さぼ氏

かっこいいな!いいぞ!

もう自分で自分を褒めるしかありません。

TAKE5

和田峠を登って喜んでる絵

和田峠登ったぞー!という絵。

TAKE6、7

斜めから書こうとして失敗した自転車
自転車の絵

気がついたのですが、絵を描くのって大変です。

凄まじく集中力を使います。いや、その絵で何を集中していたのだといわれるとツラいのですが、ひどく消耗しました。6〜7枚も描くと、私の繊細なタッチもガタガタになってしまいました。これが私の限界なのでしょう。私は静かにペンを置きました。

まとめ

結論:絵を描くことは難しい。

難しい。本当に難しいです。

頭の中にイメージがあるようでぼんやりとしているし、仮にイメージがあってもそれどおりにアウトプットできないという困難さ。タイヤなんか黒い円を描けばいいと思っていたのですが、実際にやってみると昆布ができあがりました。

描く前は「我が成績は5の間違いだ!訂正せよ!」と主張するつもり満々だったのですが、やっぱり口を閉じることにします。

タイトルとURLをコピーしました