水をかぶるために走る!真夏のサイクリングはつまるところ水遊び

スポンサーリンク

どうです、この快晴。
こんな天気の日はサイクリングするしかない!

ということで走ってきたのですが、
恐ろしいほどの暑さに悶絶。
それもそのはず。
この日の最高気温は35度

走り出したことを後悔するくらいに暑かったのですが、
唯一、気持ちのいいことがありました。
それが、頭から水をかぶること
これが信じられないくらい爽快でした。

サイクリングという名の水遊び

なんだこの暑さは・・・

30℃を超えたら家から出ない!
という引きこもり精神でやっておりますので、
この日は外出しただけで死にそうになりました。

灼熱の大地こと多摩川サイクリングロードは、
上記画像のとおり日陰がほとんどありません。
道路脇の草木がしなびるレベルの照りつけでしたので、
数分も走ると尋常でない量の汗が出てきました。

走り始めて間もないのですが、
ステムやハンドルがとんでもない温度に。
薄いベーコンくらいなら焼けそうな気配がありました。

そうなると当然乗っている人間も湯だってきます。
このまま走ってると倒れる(確信)
と命の危機を感じたためコンビニに避難。
冷えた水を買って、一気に頭から被りました。

これが、夏。

生きかえるとはこのことです。
一瞬、息が止まりそうなほど冷たいのですが、
超絶気持ちいい!
ちょうど、限界まで入ったサウナのあとの水風呂です!

当然、サイクルジャージはびしょびしょになりましたが、
これもまた体を冷やすのに効果あり。
それに大人になって服をずぶ濡れにすることはあまりないですから、
この行為自体が面白いです。笑

さぼ氏
さぼ氏

水を被るためだけに走ってもいいレベル・・・!

この後、10kmごとに500mlの水を買い足し、
かけては飲み、飲んではかけてを繰り返しました。

また、アイスコーヒーの氷を買いました。
これはアイスコーヒーとして飲んだのではなく、
ボトルに入れる用の氷として使用。

ブロックアイスを買っても良かったのですが、
ちょっと量が多いんですよね。
これならボトルに入りきるちょうどいい量でした。

ストッキング氷という奥義

そうそう、この時はやらなかったのですが、
ブルベ界隈ではコンビニでできる暑さ対策として、
『ストッキング氷』というものがあるそうですね。

字面だけみると変態的なアレかなと思ってしまうのですが、
これは女性用のストッキングの中に氷を詰めて、
それを首に巻きつけ体を冷却するというアイディアだそう。

なんでも、ストッキングの網目からじわじわと冷たい水が流れるので非常に涼しいのだとか。試してみたいと思いつつ、なかなか勇気が出ないでおります。笑

ほぼ水遊びライドだった

結局この日は30キロほどしか走っていないのに、
2リットル分の水を飲み、被りました。

暑さのせいで自転車に乗るという楽しみは皆無・・・!
ただただ、水の冷たさを求めるために走った夏ライドでした。

さぼ氏
さぼ氏

夏っぽいことができてよかったよね(クーラー23℃)

タイトルとURLをコピーしました