【映画】弱虫ペダル観てきました!これは良い実写化ですわぁ【感想】

スポンサーリンク
実写版弱虫ペダルを観てきたので感想サムネ

公開初日から観てきました!

劇場版、弱虫ペダル!

原作・アニメファンの私は最初に実写化と聞いたとき、

大丈夫なのか?

実写化にありがちな闇を見るのでは?

と妙に怯えていたのですが、結論から言ってしまうと、

めちゃくちゃ面白かった!です!

さぼ氏
さぼ氏

実写化の成功をみた・・・!(感動)

あまりにも良かったため、勢いで感想を書いてみました。

そのため多少読みづらい、もしくは怪文書になっているかもしれません。笑

また、ネタバレを含むので注意です!

劇場版・弱虫ペダルの感想

原作の魅力そのままに映画化

この映画、原作の魅力がそのまま詰まっているんですよ。

小野田くんのひたむきさや、1年生トリオの関係性、

レースのアツさ、面白さ、残酷性。

原作こそ至高。という人に観てほしい。

120分でなんでこんなにまとまってるんだ!?

と驚くはず。(私がそうでした)

キャスティング最高

主人公の小野田くんを演じたのは、

キンプリの永瀬くん。

あんなキラキラしたイケメンがアキバ通いの小野田くん・・・?

と脳内で2人のイメージが一致しなかったのですが、

完全に小野田くんでしたね。笑

アニメ好きでなよっとしていて、人付き合いが苦手で、

かわいそうな背中が妙にかわいい。

でもやるべきことはきっちり果たす芯の強さも持っている。

そんな小野田くんのイメージと完全一致。

また、今泉くん役の伊藤健太郎くん

彼もドハマリでしたね。完全に今泉くん。

しかも彼、坂の途中でスタンディングスティル

(自転車に乗ったまま足をつかずバランスをとるやつ)

を平然とやっていました。運動神経良すぎる。

他のキャラクターもいい意味で現実にいそうなビジュアルに落とし込まれていて、絶妙なキャスティング。寒咲お兄さんがめちゃ恰幅良くなっていたのには笑いましたが、名脇役でした。

橋本環奈ちゃんについて

本当にワンシーンだったのですが、

橋本環奈ちゃんがホイールの振れ取りをしているシーンがありました。

私の見まちがいでなければ、振れ取り台にホイールをセットして、調整中というカットがあったのです。

あの橋本環奈ちゃんがホイールの振れ取りをしている画なんて、

後にも先にも弱ペダ以外ありえない。笑

さぼ氏
さぼ氏

自転車史における、貴重なワンシーンです。

ロケ地が魅力的

また、この映画のロケ地が魅力的でした。

よくこんな画面映えする場所を探してきたなあ!

という場所ばかり。

18〜20度表記の激坂や、

走ったら絶対気持ちいいという海岸線。

自転車に乗りたくなるような地形のオンパレード。

また、1箇所だけ行ったことのある場所が出てきました。

小野田くんと巻島先輩がペアで練習をしていた場所が、

宇都宮の古賀志林道だったのです。

弱ペダ映画の聖地一覧とかあったらほしい・・・!

(エンドクレジットでは「伊勢志摩スカイライン」の文字を確認)

個人的に好きなシーン

最後に、個人的にめちゃ好きだったシーンを羅列します。

総北イチャコラシーン

強化合宿の日常パートで、

田所さんと鳴子くんがサウナで我慢大会をしていたり、

それを見ながら小野田くんが巻島さんに

「お背中流しましょうか?」

とかイチャコラ仲良く過ごしててワロタ。

田所先輩、最強説

インハイ予選80kmのコースで、スタートから単独飛び出し、

70km強をソロで大逃げしてた田所先輩。

まじで最強説ある。

敵チームの煽りがすごい

インハイ予選、他チームから徹底的にマークされる総北。

あからさまにブロックされてしまうのですが、

その相手選手の煽りが面白すぎる。笑

「ウェーイwww金城くんwww」

「抜けるもんなら抜いてみなwww金城くぅ〜んwww」

「巻島さんよぉぉ↑↑↑wwwウェイwww」

完全にヤバい奴に絡まれてました。笑

まとめ

原作好きにも、

原作・アニメ未履修の人にもおすすめできる、

見てよかったと素直に言える良い映画でした。

あまりに出来が良すぎたため、

このキャストのまま続編やってほしいです。

実写・箱学とか見たすぎますねぇ・・・!

(筆者・箱学推しです)

タイトルとURLをコピーしました