ニョロニョロに気をつけろ!サイクリング中に出くわすアレ・・・

スポンサーリンク

サイクリングを始めてから、明らかにエンカウント率が上がった生き物がいます。

それがヘビ・・・。

『廃チューブか捨てられたロープかな〜』と油断していると、急にニョロニョロ動き出して驚いたこと数しれず。ビビりすぎて落車しそうになったことも。

これが本当に危ないんですわぁ・・・!   そう。本当に怖いのはヤツそのものではなく、驚いたことによる急ブレーキや急ハンドルで落車したり、事故を起こすこと。

そうならないための事前予測、気をつけていることをまとめたいと思います。  

※ヘビの画像は一切出てこないので安心してください。

ニョロニョロに注意

ヒモ状のものには気をつける

サイクリングをしていると、道の端にヒモ状のものが落ちていることがあると思います。

それはポイ捨てされた廃チューブだったりロープだったりしますが、何割かの確率でヘビだったりします。遠くからだと見分けがつきにくいんですよね、本当に。

私はヒモ状のものを見つけるやいなや、『あれはヤツなんだ』と断定して距離を取っています。

  一度、妙に立体的な編み物のようなものを発見したことがありますが、それは喧嘩中(交尾中?)のヘビでした・・・。ビジュアルがちょっと強烈だったので、思わず息を呑みましたね・・・。  

ポカポカ陽気の日は注意!

春先や暑さの緩んだ秋はヘビに遭遇しやすい気がします。

たぶんコンクリートの熱が暖かくて気持ちいいんでしょうね。サイクリングロードの端でゴロゴロぐるぐるしているのをよく見かけます。(特に夕方)

ランナーさんの多い多摩川サイクリングロードでも、普通に寝そべってるのでご注意・・・。見つけたときは、一応ランナーさんに『ヘビがいましたよ』と声掛けをしています。自転車ならまだしも、足で踏んでしまったらトラウマになる・・・。  

道路はもちろん、サイクリングロードでも急な進路変更は危険です・・・。  

また、安全な進路が確保できたあとは、できる限り指差し合図(もしくは声出し)をして後続に知らせるのがベターですね。

避けられなかったケース

一度だけ避けられなかったケースがありました。

その時は緩い下りのコーナリング中に、突然草むらからヘビが現れたのです。左コーナーの左側から急に出現したため回避行動を取れず、アッと思ったその瞬間には踏んでしまいました。

幸いなことに落車はしませんでしたが、何か操作をミスっていたらと思うとゾッとします。   下りは普段からスピードを出さないようにしていますが、この件があってからはより慎重に下るようになりました・・・!  

(ヘビは一応無事だったようで、ニョロニョロどこかへ消えました)

まとめ

ヤツらは出る。

出るときには出るのです。

  街なかではほぼ遭遇しないので良いですが、川沿いや山を走るときは一定の注意が必要だと思っています。ヤツらが活動を始める暖かい時期は、特に気をつけていきたいですね・・・。

(冬はこの心配をしなくてすむのが良いんですわぁ・・・。凍結は怖いですが!)  

タイトルとURLをコピーしました