【イヤホン】AirPodsが便利すぎてヤバい。魅力、音質、遮音性など

iPhoneXRと同時に購入したAirPodsが便利すぎる!

普段使いにおける快適さが異常で、家の中にいる時は常につけているほど気に入ってしまいました。

2ヶ月ほど使ってみましたので、私が感じたAirPodsの良い点・悪い点を書き連ねてみようと思います!

 

AirPodsが便利すぎてヤバい。

AirPodsの概要と魅力を簡単に

AirPods(えあぽっず)はiPhoneやMacで有名なAppleの完全Bluetoothイヤホンです。

Apple純正イヤホンのため、iPhoneやAppleWatchとの連携性は抜群。それこそケースから出して耳につけるだけで電源が入り、自分のApple製品とのペアリングが自動的に完了。あとは再生ボタンを押すだけで音楽が聞けるという超絶手軽な操作性が魅力ですね。

完全ワイヤレスなので煩わしいケーブルとは無縁。本体も軽く、つけている感覚がほぼないので、音楽を聞きながら運動をするのも部屋の中を歩き回るのもストレスフリー。そのため自然と音楽を聞く時間が長くなる=音楽体験が豊かになるという音楽好きにはたまらないイヤホンです。

 

またマイクが付いているため電話ができたり、Siriを起動させることも出来るそう。

私は電話はもちろん、Siriと話すのもつらいコミュ障のためどちらもつかったことがありません・・・。

 

AirPodsを選んだ経緯

私がAirPodsを選んだのにはこんな理由がありました。

・音楽ストリーミングサービスを使い始めた
・Bluetoothイヤホンを使ってみたかった
・iPhoneXRに機種変した

特に音楽ストリーミングサービスのAmazon Music Unlimitedを使うようになったのは大きかったです。それまで使っていた音楽プレイヤーの出番が激減し、スマホで音楽を聞くようになりました。すると、スマホを操作するときイヤホンのコードのブラブラが気になるように・・・。

そしてちょうどイヤホンジャックのないiPhoneXRに機種変をしたのでこの機会にBluetooth化してしまおうと、せっかくならApple純正のAirPodsを使ってみようとポチってしまいました。

 

AirPodsの好きなところ

コードレスが快適過ぎる!

これな!

もうこの点だけでも買ってよかったと思いますよ。

スマホを操作するときにコードがブラブラするあの煩わしさがなくなってストレスフリーです。ブラブラ、絡まり、ねじれという有線三大ストレス(いま私が考えた)から解放される音楽生活・・・良い・・・。

デスクワークも、散歩も、ゴロゴロするときも快適そのもの。あの1.2mほどのコードが私達の行動をどれだけ制限していたかわかるというものです。

 

特に家事をしながら音楽を聞けるのが非常に嬉しかったですね。有線だと洗濯物にコードが絡んだり、食器を洗っている水や泡がコードについたりという問題がありましたが、これらが完全に解決しました。

 

気になるBluetoothの範囲ですが、アパートの部屋の中くらいなら音の途切れはありませんでした。音楽を聞きながら部屋の中を自由に歩き回れます。これが想像以上に快適なんですよね。水を飲みに行ったり、ちょっと手を洗いに行ったり。これらのことをイヤホンを外さずできちゃう嬉しさ。音楽のシームレス化とでもいいますか、本当に生活に音楽が溶け込みます。

 

聞き疲れしない音質でグッドグッド!

Bluetoothであること、オープンエアー型(イヤホン本体が密閉されていない型)であることから音質は悪いのではと危惧していましたが、これがなかなか悪くありません。

(私の主観ですが、)ボーカルとリズムが強いノリのいいチューニングなので聞いていて楽しい音作りですね。

そしてオープンエアーらしく広がりのある音場で聞き疲れのしない音なので作業のながら聞きにもってこいです。この「聞き疲れをしない」というのがAirPodsの音質の一番の美点かもしれません。一度つけたらそれこそ数時間単位で使用するので、ずっと聞けるやさしさというのは大事だなあと実感します。

 

タッチアクションが便利すぎる

AirPods本体を2回トントン叩くと曲送りをしたりボリュームを上げたりできる機能。スマホ本体を取り出さず操作できるのですごく便利です・・・!

私は左右にそれぞれ曲戻し、曲送りを設定しています。満員電車や道を歩いているときに気軽に操作できるので、お気に入りのアクションを登録しておくと幸せになれます。(ただこのタッチアクションは反応がシビアのようで、2回タップしても反応しない場合があります。そんな時は3回タップしてあげるとちゃんと反応します笑)

 

また、タッチアクションはApple純正のアプリApple Musicでないと使えないかな?と不安があったのですが、外部サービスのAmazon Music Unlimitedでもきちんと反応してくれました。

 

AirPodsのネガティブな点・注意点

遮音性は悪い・・・

遮音性はほぼありません。

これが私の思うAirPods最大の欠点です。

 

車や電車の走行音で音楽がかき消されることはもちろん、他の人の話し声もストレートに聞こえてきます。部屋の中や人の少ない場所では問題がないのですが、駅や地下鉄、大型の道路では外部の音が気になってしまいますね。かといって音量をあげようとするとこんどは逆に音漏れするリスクも・・・。

これはイヤホン本体が密閉されていないオープンエアー型の宿命ですね。

 

私の場合は屋内:屋外=7:3くらいの割合で使いたいと思っていたのでまだ大丈夫ですが、外で騒音をシャットアウトしながら、細部までしっかり音楽を聞きたいという使い方には向いていないでしょう。

 

(私は屋外用に手持ちのSHURE・SE215SPEをBluetooth化しようかと考えています。SHUREのイヤホンは極めて優れた遮音性を持っているため、地下鉄や繁華街での騒音くらいではビクともしません。外でもベースラインが十分聞こえるレベルの音楽体験を提供してくれるため、非常に気に入っているメーカーです!)

 

耳にフィットするか確認を!

AirPodsはワンサイズのため事前に試着(視聴?)するのをおすすめします。

私のように右耳はフィットしますが左耳は多少緩めということもあるため、両耳にしっかりはまるか確かめるのがいいでしょう。(通常使う分には問題ないレベルでしたので購入を決めました)

試着はAppleStoreでさせてもらいました。身近にAirPodsを持っている人がいたら、少し貸してもらうのも良いかもしれません。

 

まとめ

AirPodsは私の生活にあまりにも浸透してしまったのでもう手放せなくなりました笑

間違いなく今年買ってよかったアイテムにランクインします。

 

現状の第二世代AirPodsでも充分満足なのですが、欲を言えば遮音性を高めた(もしくはノイズキャンセリング搭載の)新型を期待しちゃいますね。

発売されたら秒で予約しますから、お願いします・・・笑

 

【追記】AirPods Pro買いました!

【イヤホン】AirPods Pro導入!ノイキャンの性能や使い勝手をレビュー!
小型完全ワイヤレスイヤホンとしての取り回しの良さはそのままに、ノイキャン搭載で弱点をなくしてきたAirPods Pro。控えめに言って最高でした。 前作から様々な変更点がありますが、なんといってもノイズキャンセリング機能が搭載...

 

おまけ。Amazon Music Unlimitedについて

圧倒的な曲数と便利さで魅力の音楽ストリーミングサービス。ちょっと気になっていた曲にふれる機会が多くなって音楽生活が充実しますね。

 

さて、記事中で何度か音楽ストリーミングサービスについて触れましたが、

「なぜApple製品を使っているのにApple Musicを使っていないの?」

そう疑問に思った方もいるかもしれません。

 

実はApple MusicとAmazon Music Unlimitedの両方を使っていたのですが、私的にはAmazon Music Unlimitedのほうが使いやすかったためこちら一本に絞った経緯があります。

特に決め手になったのはこれ!

・プレイリストが作りやすい
・音楽にあわせて歌詞がスクロールする

が、あくまでも私個人の感想のため参考程度にお願いします・・・。

どちらも無料のお試し期間があるため、両方試してみて気に入ったほうを使うと幸せになれると思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました