【悲報】台風が来る前に走ってこようライド、無事失敗。

今年の梅雨は長かったですよね。

平日に降るのならまだしも、土日を狙い撃ちするように降ったのでローラー台の持っていない私は悶絶。晴れた平日の夜になんとか時間を見つけて乗る日々を過ごしておりました。

そして7月下旬、やっと梅雨が開けたと思ったら今度は台風! なんてタイミングの悪い!

しかし天気予報曰く、関東地方に雨脚がかかるのは日が落ちてから。ならば台風が上陸する前にサッと走って来ようと『台風が来る前に走ってこようライド』を計画・実行してきました。

しかし実際の天気は予報どおりにはいかなかったのです・・・。

台風が来る前に走ってこようライド

今回は台風が来る前に帰りたいので、短時間でガッツリ走った気分になれる場所、よみうりランドの坂へ行きました。短いながらも結構な斜度があるここは、3本も登れば気分的には満足、5本登れば『今日はよく運動した(キリッ)』となれるお気に入りの坂です。(当社比)

1本目をこなした時点での写真です。よみうりランドは小高い丘の上にあるために眺望がグッドグッド。

まだ雲の間に青空が見えるため天気も持ちそうだなと思っていると、写真の反対側の空がみるみる曇ってくるではありませんか。そして間もなくポツリポツリと雨粒が。

やばいと思う暇もなく、雨脚はどんどん強く・・・。まだ1本しか登っていませんでしたが、風邪をひいてしまってもつまらないのでやむを得ず帰路につきます。

すれ違うサイクリスト達がなんとも微妙な表情。

きっと私も同じ表情をしていたのでしょう。わかります。

数分前まで青空が見えていたのに、完全に雨雲に覆われてしまいました。雨粒がメガネに付いて視界が悪くなります。濡れてトラップと化したマンホールや排水口を踏まないよう注意して走行。私は雨の日にママチャリで何度も転んでいるため、レインコンディションが非常に苦手。一刻も早く家に帰ろうと家路を急ぎました。

しかし何ということでしょう。程なくして雨があがって再び太陽が顔を出し始めました。そして自宅に着くころには素晴らしい青空が広がっているではありませんか。気温は完全に真夏のそれで、ジャージがあっという間に乾きました。

何が『台風が来る前に走ってこようライド』でしょうか。これでは『台風が来る前に通り雨に打たれようライド』です。

再びサイクリングをすることは十分に可能でした。が、すでに玄関の前。これからまた練習の坂に行くのもな・・・と気持ちが萎えてしまい、ストラバの記録を終了。自転車を部屋の中にしまい、不完全燃焼のままライドを終えました。

でも、大丈夫です。

そうです。ご褒美としてゼリーを冷やしておいたのです!

冷凍庫に入れていたため、シャーベット状になって非常に美味しい・・・。

先程の不完全燃焼感はゼリーのおかげで完全に霧散。むしろ『少しでも走った事でゼリーの美味しさが増しているのだ』とポジティブな気持ちに。

私の場合、夏のライドはライドそのものより、こういったご褒美(冷たいシャワー! アイス! カルピス!)のために走っていると言っても過言ではありません。きっと台風が過ぎた後は本格的に夏が始まるのでしょう。私は暑いのが大の苦手なので7・8・9月はライド回数が激減しますが、こういったご褒美のために今年は少しでも多く走れれば、いいなあ・・・。(意志薄弱)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク