【前日編】第16回 Mt.富士ヒルクライムに参加してきました!

タイトルの通り、第16回 Mt.富士ヒルクライムに参加してきました!

私にとって人生初レース!

競技志向のなかった私が走りきれるのか、レースの雰囲気についていけるのか。

期待と不安で一杯でしたが、頑張って参戦してきましたのでレポートします!

 

ちなみに初レースの目標は『完走すること』『楽しく、安全に帰ってくること』

事前の申告タイムは1時間45分としました。ブロンズ(1時間30分)は流石に厳しそうでしたが、2時間以内には走れる気がする・・・。ということで中間のタイムを申告。

 

今回は前日編として、富士ヒルの会場受付や持ち物について書いていきたいと思います!

 

富士ヒルクライム前日編

富士山駅まで輪行

富士ヒルは前日受付のため、6/8土曜日に会場入りする必要がありました。

富士ヒルの受付会場は、富士急ハイランドの近くにある富士北麓公園。最寄りの富士山駅まで輪行で向かいます。

 

富士山駅へは八王子→高尾→大月→富士山というルートをとりました。が、電車をよく調べていなかったせいで高尾駅で大月行きを40分以上待つハメにwww

結果、富士山駅に到着するまで3時間近くかかってしまいました。(上手く乗り換えれば2時間ちょっとのようですね・・・)

一日に何本か出ている特急では八王子→富士山間を1時間半ほどで走ってしまうので、席が取れるのであればこちらを使ったほうが楽だと思います。帰りは特急に乗りました。

 

さて、富士山駅に到着です。

風が冷たい!

電車から降りるとすぐに気温の違いを感じます。それもそのはず、富士山駅の標高は800m!

長袖とレッグカバーを着てきて正解でした。レース当日もかなり冷え込んだため、6月と言っても薄着で来るのは危険と思われました。

ちなみに2日間の天気は曇りもしくは雨予報でした。結局大会2日間中、一度も富士の姿は見えず・・・。

 

富士ヒル会場入り!

富士北麓公園へ会場入りをすると、すでに多くのサイクリストが!

やばい、全体的に運動部っぽい!(怯え)

体育系の大会と縁遠かった私は雰囲気に圧倒されました。

 

受付を済ませ、ゼッケンと下山用バッグを受け取ります。

ゼッケン。これもまた文化部だった私には馴染みのないものでしたので、手にしただけでもなぜか嬉しいwww

 

下山用バッグには防寒着一式を詰め込みます。

ゴールとなる富士山五合目は標高2000mを超えるため、6月でもヒトケタ台の気温になるとか・・・!

その極寒の中、ダウンヒルをするには防寒着が必須なのでした。

下山用バッグに詰めたのは以下の通り

  • 冬用ジャージの上下
  • 冬用インナー
  • ワークマンのレインウェア
  • 冬用グローブ
  • シューズカバー
  • 汗を拭くタオル
  • 補給食

 

下りは寒さが大敵です。

寒い中の下りがどれだけツラいかは榛名山や和田峠で身を持って体験したので、できる限りの防寒準備をしました。当日編の記事でも書きますが、この選択は正しかったです。というより、上記のものがひとつでも足りなかったらキツかったろうなあ・・・。

 

下山用の荷物を預けたら前日すべきことは完了しました。

(宿泊で使う私服や小物、サドルバッグなどレース当日の朝まで使うものは、当日会場に預けられる場所があったのでそちらを利用することに)

 

 

会場内をぶらぶらしていると、富士ヒル記念パネルが!

よく見ると参加者の名前が書かれているのですね。自分の名前も発見しました。

それにしてもすごい数の参加者です。大会案内によると10000人近い出走者がいるそう!

 

富士ヒル会場にはたくさん屋台が出ていました!

珍しい鹿肉を使ったカレーを注文。これ美味しすぎるんですが・・・!

たこ焼きも、外がカリカリでめちゃくちゃ好みでした。

外で食べるご飯って、いつも以上に美味しく感じますよね。

 

宿で富士ヒル本番に備える!

会場を出たあとは、暗くなる前に宿にチェックインしました。

人懐っこい猫ちゃんのいる宿でした。ビアンキが気になるようで、体をフレームにこすりつけていました。

 

かわいい(確信)

 

夜は前夜祭としてバーベキュー!

友人氏の勧めで、人気のキャンプアニメ『ゆるキャン』を見た私は『バーベキューをしなければならない』という使命感に駆られ、バーベキュー可能な宿を手配したのでした。

オタク2人のBBQは予想以上に楽しく、これはもうロードにテントやガスバーナー積んでキャンプするしかないな!という結論に。モンベルのクロノスドーム欲しいです。

 

玉ねぎが富士五合目くらいに見えてきました・・・。

 

食べながら友人氏と気がついたのですが、ヒルクライムの前日に体重を増やしてどうするwww

しかし、美味しいのでいいのです。

美味しいは正義です。

 

本番は雨になる・・・?

寝る前に大会要項の読み合わせをしました。

よし、これで万全!と安心していると窓ガラスに何かが当たる音が。

外を見ると小雨が降り始めているではありませんか・・・。

恐る恐る天気予報をつけると、明日のレース時間帯も雨とのこと。

 

雨の中を走った経験のない私。この時点でDNS(Did Not Startの文字が頭の中に浮かびます。

気温ヒトケタ&レインコンディション&帰りは25kmダウンヒルの初レースなど、数え役満以外の何者でもありません。棄権すべき条件は充分に揃っていました。

 

しかし、友人はジャージにゼッケンをつけたり補給食の用意をしています。

『走る気なのか』と尋ねると『そうだ』というシンプルな答えが。

 

私は決断を保留し布団に入りました。最終的な決断は明日になってからでも遅くはないハズです。

ともすれば、雨雲が別の方向に流れるかもしれません。

山の天気は変わりやすいですから。(震え声)

 

 

そして当日。

 

 

【悲報】ふつうに雨。

 

どうなる、富士ヒル本番・・・!?

 

 

タイトルとURLをコピーしました