【悲報】不注意で自転車を倒してクラックが入ってしまった話

スポンサーリンク

実はここ1ヶ月ほどロードバイクに乗れておりません。
それというのも不幸中の不幸、悲劇中の悲劇が起きてしまったからです。

そうです。
タイトルの通り、フレームにクラックが入ってしまいました。

カーボンフレームにクラックが入る・・・

クラックが入った理由

これはもう完全に自分の不注意のためであり、
言い訳ができないのがツラいところです。
以下その時の状況です。

・・・その日は風の強い日でした。

いつものようにゆるポタを楽しんでいた私は、
ある地点で休憩のため自転車をフェンスに立てかけました。
そしてノンキにドリンクを飲みながら
「風が強いから今日はもう帰ろうかなあ〜」
などと考えていたとき、

自転車が突風に煽られるのが見えました。

あっ、と思ったときにはすでに遅く、
次の瞬間には地面に叩きつけられました。
そして最悪なことには、
倒れた反動で近くにあった段差から真横に一回転して落ちたのです。

それは2段ほどの僅かな段差でしたが、
愛車が転げ落ちた時の衝撃音と言ったら・・・。

慌てて自転車を抱き起こし、外傷を確認します。
するとシートステーが・・・!!

さぼ氏
さぼ氏

えっ・・・(絶句)

このあとすぐにショップに持っていきましたが、
ほぼ確実に割れているとのこと。
画像では見づらいですが、
シートステーを半周するヒビがはいっております。
正確なダメージはカーボンドライジャパンで検査してもらうよう勧められました。

ちなみにコインチェックを試したところ、
正常と思われる箇所はカンカンと軽く響き、
件のクラック箇所は全く響かずゴッゴッと鈍い音が・・・。

そして、まだ恐ろしいことがあるのですよ。

フロントホイールもイカれました。

しかも1ヶ月前に買ったばかりのC24
リムの継ぎ目から左右にズレてしまっています。
(ブレーキングのたびに引っかかる)
フレ取りで治るレベルではなく、
リム交換が必要とのこと。ど、どうして・・・。

不幸中の幸いか、
他のパーツたちやリアホイール、コンポ類は無事でした。

これからのことを考える

大切な自転車を壊してしまったことは、
自分の想像以上にショックでした。
しばらく仕事が手につかず、
何をしていても後悔をする日々が続きました。
時には自転車をやめようかと考えたことも・・・。

もちろん、フレームの修理を第一に検討しました。
が、件の箇所以外にも見えないクラックが発生していた場合、同一のフレームを買い直した方がいいくらいの額になると想定されました。

(修理費5万〜 ✕ n箇所) + 検査費 + バラし&組上げ費
・RIDLEY FENIX 13.8万税抜

気に入っているフレームなので治すべきと思うのですが、リアルな数字を前にすると決断ができず、思考が何度も同じところをぐるぐると回りました。

新フレームの検討

1ヶ月近く経っても修理すべきか考えがまとまらず、
悶々とすごしていたある日、
ふらっと立ち寄った店舗であるフレームを見つけました。

それはかつてRIDLEYを買うときに、最後まで検討対象にしていたフレームでした。
限定モデルだったためとっくに市場からは消えたと思っていたのですが、まだわずかに存在していたのです。

そのフレームを見てからまた少し悩んでウジウジしましたが、結局それに乗り換えを決意しました。壊してしまったフレームはいったんコンポ類を外しました。気持ちの整理がつき次第、補修に出してサブバイクとして復活させたいと思います。

新しいフレームは倒して割らないよう、
気をつけて乗っていこうと思います・・・!

その後、自戒的な記事を書きました。

新フレームの記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました