ヒルクライムの敵!?おかわり必至のカレーライスを作ってしまった

ヒルクライムといえば、重力との戦い。

ローディは少しでも登坂を楽にしようと、軽量化を追い求めるのが常です。

 

が、今回はそんな軽量化に真っ向から反抗するような、

おかわり必至のカレーライスを作り上げてしまったのでご紹介いたします。

 

ちなみに作り方はめちゃくちゃ簡単です。(重要)

ただ、隠し味にこれらを入れます。

桃ジュースです。

 

明らかにヤバそうなカレー粉です。

 

大丈夫です。普通に売っているものです。

 

おかわり必至のカレーライス

用意した食材たち

食材は画像のものを用意しました。

とはいっても、全く同じものを用意する必要はありません。

具材はお好みで!

ウインナー、えのき、あぶらあげは完全に私の好み!

特にあぶらあげはカレーを吸ってく美味しくなります。お肉の代わりにすれば節約にもなりますね。

 

重要なのは桃ジュースです!

桃ジュースは、カレーに程よい甘さを付けてくれる優秀な隠し味なのです。

カレー激戦区、神田の有名店のレシピに桃ジュースが入っていると聞いて試してから欠かせない存在に。

調べてみるとネットでは有名な隠し味らしく、公開されているレシピでも入れているものが多いです!(ネクターを使うのが一般的みたいですが、私の近所ではあまり見かけないためドールを使っています)

 

野菜ジュースは水の代わりに使用します。

水を使うよりトロトロのルーにしやすく、また味もこってり目になります。

 

カレー粉は2種類以上のブレンド!

あと、冒頭に出てきた怪しいカレー粉を入れます。

このカレー粉はすごいですよ。

このカレー粉を使うと、街中によくあるインドカレー屋の前を通ったときの香りがします。食欲が刺激されてヤバい・・・。

 

粉なので量を加減しやすいのもグッドグッド。

 

作る順序は普通のカレーと同じ!

作る順序は普通の手順と変わりありません。

毎回思うのですが、カレーは切って煮るだけなので野郎にはありがたい料理ですね。

 

1:肉と野菜を炒めます。

(粉はクミンパウダーです。なぜクミンパウダーがあるのかというと、友人が誕生日にくれました。彼は私をインド人と勘違いしたのかもしれません)

 

2:野菜ジュースと桃ジュースを入れて煮込みます。

 

桃ジュースは一本全部入れますが、野菜ジュースは適当に入れました。

あとのカレー粉で味を調整するというのもありますが、計量カップを紛失してしまったからです。

いいんです、男飯なので!!(投げやり)

 

3:煮込んだらカレー粉を投入します。

 

カレー粉2種類を味を見ながら溶かします。

野菜ジュースベースだとドロドロになりやすいので、焦げ付かないよう注意です。

あまりにもドロドロになったら水を入れて対処しています。

 

例のカレー粉を味を見ながら投入します。

鍋に入れた瞬間、香りが変わるのがハッキリわかります。

 

4:じっくり煮込んで完成です!

 

ヤバいカレーを作ってしまった……!

お皿に盛り付けて完成です!

 

さっそく、実食。いただきます!

 

・・・

 

 

・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・!!

 

 

感想、最高。

 

一皿目は夢中で食べきってしまい、2皿目を食べながらどう感想を書こうか考えながら食べました(笑)

桃や野菜ジュースのおかげでまったりとしていて口当たり柔らかくも、後味スパイシーです!

極端に甘くも辛くもない、丁度いい中辛。

これは危険です。止まらない……(三皿目)

 

ヒルクライムが出来るようになりたいのに、私は何をしているのでしょう。

でも、いいのです!

食べた分、登って消費すればいいだけですから!!(白目)

 

 

タイトルとURLをコピーしました