ロードバイクで東京タワーへ!スタァライ『ド』しちゃいました!

ロードバイクと東京タワーを写真に収めたい!

スタァライド!しちゃいたい!

というのは、前回の記事で書いたとおり。

 

夜景撮影に必須な三脚も手に入ったので、さっそく決行。

This is 東京タワー スタァライド! しちゃいました。

 

多摩サイを最大限使って東京タワーへ

今回は多摩川サイクリングロードを可能な限り使って行こうと計画。

ルートは大まかに以下のとおりです。

【起点】聖蹟桜ヶ丘の関戸橋 → 多摩川サイクリングロード → 六郷土手駅 → 国道15号線(いわゆる第一京浜) → 【終点】東京タワー

 

多摩川サイクリングロードのルートで気をつけたのは2点。

  • 登戸の水道橋で右岸に移動する!
  • 平間のガス橋で左岸に移動する!

このルートで行くことでほぼ車道に出ることなく、国道15号線まで合流できました。

ちなみにこの逆岸は、登戸から丸子橋までは車道走行が多く、平間から川崎は途中から砂利道に……。

あまりおすすめできません。

 

上記ルートで下っていくと、六郷土手駅にたどり着けます。

ここから国道15号線に合流し、あとはひたすらまっすぐ15キロほど。

 

ちなみに私は車通りの多い道に苦手意識があり、国道15号線を通るのが不安でした。

が、土曜日の夕方だったこともあり車通りはそれほど多くなく、車線も最低でも片側2車線、ほぼ3車線はあったので想像していたよりは精神的に楽でした。

街なかの細い片側1車線を車と並走するより全然マシです。

ただ、路駐車が多かったのでそこには注意が必要でした。

 

This is 東京タワー!!

三田のあたりまで来ると、東京タワーが肉眼で見えるように!

oh……This is 東京タワー……!(意味不明)

こういうランドマークに到着すると、遠くまできた実感が湧きますね。

 

タワーがよく見える芝公園へ移動して、眺めがいい感じのベンチを発見。

よし、ここをポジション・ゼロとする!!

 

腰を落ち着け、おやつタイム。

バナナクレープ美味しい。はい、大場なな推しです。

 

そうこうしているうちにみるみる暗くなってきました。

新兵器の三脚をセットアップし、いざ夜景撮影です。

 

念願の東京タワーとRIDLEY。

この組み合わせが撮りたかった!

 

モノクロもいける。

 

ひっそりと佇ませてみたり。

ブラックフレームがいい感じに闇夜に溶け込んでくれました。

 

夜景撮影は初めてだったのですが、想像以上に苦戦。

あーでもないこーでもないと、いろいろ設定をいじりいじり……。

この試行錯誤が楽しく、気がつけば相当の枚数を撮っていました。

ぷちナイトライド兼ロードバイク撮影楽しすぎるんですが。ハマりそう。

 

一通り写真を取り終えて、20時前に東京タワーをあとにしました。

写真の通り、この時間の道路はガラガラで驚き。

 

帰りは来た道をそのまま戻っても良かったのですが、

闇の多摩川サイクリングロードを走るのが億劫になったので、得意技の輪行で帰りました。

都内ライドは駅が多く、輪行離脱がしやすくていいですね。

タイトルとURLをコピーしました