【ホイール】キシリウムプロ、コスミックカーボンSLに乗った感想!

キシリウムエリートに乗りに行ったら、おまけでキシリウムプロUST、コスミックプロカーボンSL USTにも乗らせてもらえることに!

 

ということで続けてMAVICのホイールの感想です!

 

※キシリウムエリートに比べてちょい乗り程度なので、ひとくち感想になります。ご了承下さい!

キシリウムプロUSTの感想!

まずはルックスと特徴

一本だけ黄色スポークなのが特徴的!

 

リムはキシリウムエリートと共通とのこと。

違いはハブとスポークで、ハブはもう見た目から違いました。

写真では分かりづらくなってしまいましたが、フロントフォークの幅いっぱいにハブが広がっています。いわゆるワイドフランジ。

幅広になることにより、ホイールの横剛性がアップしているのだとか。

MAVICのお兄さんは、脚を閉じた状態と肩幅に開いた状態を例に上げ、どちらが横から加わる力に強いかを説明してくれました。

 

そしてスポークもジクラルスポークという剛性に優れたものらしく、MAVICのお兄さんいわく、レースなどで反応性を求める人には、キシリウムプロの方がおすすめとのことです。

 

キシリウムプロUSTに乗ってみた

早速キシリウムプロに乗ってみます。

キシエリと同一のリムだけあってやっぱり軽い!

現在のホイールRS-010と比べ、漕ぎ出しが圧倒的に違います。声が出るレベルで楽。

多摩川サイクリングロードには、よく微妙なアップダウンが出現しますが、いつもの感覚で行くと軽すぎて感覚がずれるwww

 

事前の情報ではキシエリよりカッチリした反応の良いホイールとのことでしたが、脚力が弱いせいか感覚が鈍いせいか、あまり良くわからなかった……(小声)

というかキシエリの性能に完全に満足していたので、気持ち的にも求めるものが少なく、細かいところを見逃していた可能性が高いです。

 

あと、個人的に好きだったのがラチェット音。

キシエリは一音一音がハッキリした荒い音でしたが、キシプロはモーターでも内蔵しているかのような「ウィイイイイイイン!!」という音www(これは後述のコスカボでも同じような音がしました。)

あんまり聞いたことのないラチェット音で面白かったので、頻繁に足を止めてはハブの音を楽しみました。

 

コスミックプロカーボンSLの感想!

ディープリム、かっこいいですわぁ……

初カーボンホイール!初ディープリムホイール!

チョコレートゴリラ(RIDLEYの名前)がいかつくなってワロタwww

 

もちろんコスカボもUSTなのでチューブレスホイール!

ちなみに私の適正空気圧はまさかの4.5bar!

クリンチャーではありえない空気圧。ここまで差があると当然乗り心地も変わりますよね。

 

また、MAVICのお兄さんが推していたのがブレーキング性能。

なんとなくカーボンホイールはブレーキが効きづらいイメージがあったのですが、これはカーボンホイールの中でも制動力に優れているようで、アルミリムからの乗り換えでも違和感ないとのこと。

 

コスミックカーボン乗ってみた

これだけリムハイトがあったら、それはもう漕ぎ出しが辛いのだろうと思いきや、さすがはカーボン。

激軽ではないですが、見た目より軽い。というか普通に軽いな?

リムが軽いというより、力が逃げずにホイールを回しているような感じでした。

 

走りについてですが、これは今までのホイールとは全く違った感触を味わえました。

低速域ではよくわからなかったのですが、力を入れて踏み込むとホイールの存在感がものすごかったです。

なんというか、ブレードを取り付けてるみたい。

 

私のRS-010よりはもちろん、他に試乗したキシエリやキシエリプロより縦方向にカッチリとしていると感じました。

これはリムハイトの高いホイールに共通する特徴なのか経験不足のためわかりませんが、例えるなら板を回しているような、ソールの高い靴を履いているような感覚があります。

 

反応性については、踏み込んだあとにぐわっと加速していくタイプだと感じました。

踏み込むとすぐ反応するレスポンスの良さがあったキシリウムプロとは、また違った加速感。

 

また、MAVICのお兄さんイチオシのブレーキについてですが、アルミリムブレーキしか使ったことのない私が違和感なく使っていました。つまり、かなり効くということでしょう!!

お兄さんが太鼓判を押していただけのことはあります!(他のカーボンホイールの制動力はどんな感じなんだろう……)

 

そしてなにより、ブレーキをかけると、速い人がよく鳴らしている「ヒュルルルルル!!」という音が!

やばい、この音かっこよすぎる……!

ギターのオーバードライブサウンドもそうですが、カーボンリムのブレーキ音は人を昂ぶらせる何かを持っているような気がしますよね。

 

さて、せっかくディープリムホイールなので頑張って踏んでみました。

前述の通り、ぐわんぐわんと加速して行きます。推定30キロ(※)を超え、ここからがコスカボの美味しいところに違いない!と頑張って速度維持&加速。

(※実はRIDLEYにはサイコンを載せていません。理由は軽量化のため!と言いたいところですが、貧脚ゆえに悲しい速度しか表示されず、絶望して外した過去が泣)

前述のとおり板状のモノが回っている感覚がすごい。足が、というよりホイールが(リムが)勝手に回っているような。

 

普段平地をサボりまくっている私にとって未知のスピードもつかの間。

 

あれ、段々と息が……。

 

 

 

 

ウウッ……。

 

 

 

 

……!!

 

 

 

 

 

 

 

【悲報】

俺氏、貧脚すぎてエアロ効果や巡航性能を感じる間もなく死亡。

 

 

……予想もしなかった悲しい結果になりましたが、そもそも数秒30キロオーバーを維持するのにも頑張らなくてはならない私が、ディープリムなど百年早かったような気もwww

 

あと、言い訳がましいのですが、35度近いクレイジーな暑さでダウン寸前でした……。もっと乗ってみたかったのですが、休憩を選択……!苦渋のDNF。

ディープリムをブン回せる脚力と、高出力を保てるようになったら相当楽しいホイールだろうなと感じました。(泣)

 

ああ、ディープリムかっこいい。

 

まとめ

以上が簡易インプレになります!

 

コスカボでは脚力不足をもろに感じる悲しい結果になりましたが、数を乗ったことで自分の使える&シチュエーションに合うホイールの方向が見えてきた気がします。

坂が楽になる軽いホイール、けれどレースには出ないので反応性は求めないとなると、今回乗らせていただいた中では、キシリウムエリートが私に合っているように感じました!

(もちろん脚力があったらルックスも含めてコスカボが欲しい……!)

 

あと最後に言いたいことが。

MAVICのお兄さんありがとうございます!

ホイールはもちろん素晴らしかったのですが、それ以上にMAVICのお兄さんの対応が良すぎてMAVICファンになってしまいますよ……!

 

タイトルとURLをコピーしました